シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気軽ヤマノススメのススメ 絶景インスタ映えスポット 伊吹山ドライブウェイ

気軽に行ける絶景インスタ映えスポット

山頂目前の場所まで車で行ける、という噂を聞いて伊吹山に行って来ました。


スポンサーリンク


運転が楽しいドライブウェイ

名神高速道路の関ヶ原ICから10分程度で伊吹山ドライブウェイの入り口に到着、利用料金は3,090円でした。

入り口にあたる料金所から舗装された道をゆっくりと走って1時間程度の山頂までのドライブでした。

下界の街並みからしてかなりの標高であることが分かりました。

適度に曲がりくねった山道のドライブ、運転者にとって退屈しない走りごたえのある道でした。徐々に気温が低くなっていき、標高が高くなっていくのを感じます。

真夏でも涼しく、夕方になると肌寒いこともあるようです。

山頂付近のスカイテラス駐車場に到着、この時点で標高1,260m、山頂は1,377mなのでかなりの高さを車で登って来たことになります。

山頂まで20分、お気軽ヤマノススメ

野生の鹿の食害を防止する為のフェンスを通って山頂を目指しましたが、サンダル履き(登山靴必須とまでは言いませんが、履き慣れた靴をオススメします)で20分程度で山頂に到着しました。

夕暮れに浮かぶ琵琶湖

スカイテラス伊吹山の横には展望台があって琵琶湖の北部、湖北地方を見下ろすことができます。

夕焼けに展望台の影が綺麗に浮かび上がっていました。

夕焼けの下に琵琶湖が見えます。少しずつ変化していく風景に時間を忘れてしまいそうでした。

夕日を背景にすれば何でも神々しく見えてしまいます。恋慕観音像の神々しさも数倍増しです。


スポンサーリンク


愛車をインスタ映えさせよう!

ここで愛車のスバル アウトバックを入れて撮影してみた写真を…

夕日の眩しさと夕日の作り出す影で愛車を精悍に際立たせてくれます。

茜色に染まる空をその車体に映すアウトバック、見惚れてしまいました。

天然マジョーラなアウトバックです。これも撮影機材、技術は関係なしにタイミングの勝利、といえるのではないでしょうか。

夕焼け空と琵琶湖を背後に…アウトバックにハマりすぎている一枚ではないでしょうか。

野生の鹿にも出会える?

帰りに野生の鹿に遭遇しました。思わず「匿名さん?!」と声かが出てしまいました。

お気に入りのクルマとカメラを持って…

入り口まで戻って来た頃にはすっかり日も暮れていました。

ICからすぐの場所で気軽に絶景を満喫できる伊吹山ドライブウェイ、ドライブを楽しんだあとはインスタ映えさせた愛車の撮影を楽しめます。

冬季は休業となる為に年内の営業は11月いっぱいまでになっています。いつもと違う愛車のベストショットのチャンスはあと1ヶ月です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す