シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デル アンバサダーXPS体験モニター New XPS 13レビュー


スポンサーリンク

New XPS 13を体験する

デル アンバサダープログラムでお借りしたNew XPS 13を簡単に振り返ろうと思います。
モニター機なので完全な新品という訳ではありませんでしたが、十分綺麗な機体でした。
カラーはローズゴールド、イメージほどピンク感が薄く落ち着いた雰囲気の外観でした。

ぱっと見は殆どピンク感はありません。


スポンサーリンク


Dell New XPS 13 ノートパソコン プレミアム・4Kタッチパネル・ローズゴールド
by カエレバ

クール&ビューティーなパームレスト

アルペンホワイト ×「編み込み」のグラスファイバーのパームレストは美しい仕上げになっています。

アルペンホワイトの上品さとグラスファイバーのメカニカル感の組み合わせが素敵です。

この編み込みグラスファイバーの部分の感触が気持ち良く、「癒し」を感じます。文字通りの「パームレスト」と言えるのではないでしょうか。

十分な薄さ、軽さ、強さ

横から見ると薄さがよく分かります。筆者が日頃使っているMacBookと比べると特に「厚い」という感触もありません。その反面、重量は少し「ズシッ」と感じなくもないですが、マシンのスペックやディスプレイのサイズから考えるとかなり軽量に仕上がっています。

重すぎない範囲の重厚感、とでも表現すれば良いでしょうか。

ひとつのアルミブロックから削り出すことで高い強度を実現、質感もしっかりとしたもので頑丈そうな感触になっています。

シンプルなデザインなのにアルペンホワイトと編み込みグラスファイバー、ローズゴールドでゴージャスに見える不思議な光景です。

アルミ製の底面にはステンレス製のXPSロゴ、上下に見えるゴム製の脚も本体のカラーと合わせられています。

向かって右の側面です。microSDスロット、PowerShare対応のDC-InおよびDisplayPort、ヘッドセットジャックのシンプルな外観です。

左側面はNobleロックスロット、Thunderbolt™️3×2、バッテリインジケータです。

4mmベゼルのディスプレイ

ベゼル幅はわずか4mmで11インチのボディサイズで13インチのディスプレイを実現しています。非常にすっきりとしています。逆に味気なく見えてしまうほどです。

全体のサイズ感に似合わない大きな印象をうけるディスプレイで動画視聴に威力を発揮しそうな予感です。これだけのディスプレイ、綺麗な映像に期待してしまいます。

美しいキーボードまわり

キーボードは経年劣化を防止するUVカットとコーティングを施されています。

バックライトが非常に綺麗で文字だけでなくキー全体が浮き上がるように照らし出されます。

キーボードはしっかりとした重みのある打鍵感でした。キーストロークもしっかりと確保されているので日頃使っているMacBookよりも軽快さはないですが高級感はこちらの方が上回っています。

グラスファイバーのパームレストと合わせて手先、指先に感じるものが多いキーボード周りです。

DELL CINEMAを満喫する

DELL CINEMAをうたうだけあって映像の鑑賞に威力を発揮することを期待して試してみました。

Amazon prime Videoでのテストです。

同じアニメ作品をMacBookとNew XPS 13で視聴してみました。MacBookよりも体感的な視野角の広さが段違いでした。

斜めから見ると両機の違いがよく分かりました。

視覚、聴覚で「シネマっぽさ」を体感することができ、アニメや映画の視聴は快適なものでした。

感想

コンパクトな中に高級感、堅牢さ、メディアプレイヤーとしての実力を内包したマシンという印象でした。

各所に散りばめられた高級感で所有感を満たしてくれ、飽きずに長く使っていけるだけの魅力を感じました。

映像をより楽しむことができるNew XPS 13に少しだけ触れてみましたが「こういうテイストのマシンもいいな」と思わせる出来栄えでした。


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す