シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シンプルでスムーズなZenfone 3 Laserに禅の侘び寂びをみた


スポンサーリンク

ASUS Zenfone 3 Laser 開封

モバレコ様からお借りすることになったASUS Zenfone 3 Laserを開封してみました。

スマホのなかでは低価格帯に属するのですがパッケージに質素さは感じません。あくまでもシンプルで無駄がない、如何にも「禅」の心が垣間見えると言うと大袈裟でしょうか。

ASUSのロゴ入りのテープを剥がして開封します。細かいポイントですがこういった過程も新しい端末を開封するときの楽しみです。

パッケージをスライドさせるとZenfone 3 Laserが顔を覗かせます。これにて開封の儀は終了です。

中身は端末本体、充電器、ケーブル、イヤホン、イヤーピース、SIMピンといったところ、必要なものはひと通り揃っています。充電器やケーブルは別、ということはないのはユーザーにとって親切ですね。


スポンサーリンク


Zenfone 3 Laserから禅を感じる

撮影ブースを使ってNikonのD5500で撮影しました。背面は上部にカメラのレンズ、その下に長方形の指紋センサー、下部にASUSのロゴが見えます。メタル素材の質感で質実剛健な印象、それでいて軽量な仕上がりです。

上面にはイヤホン端子が見えます。背面から側面にかけては緩やかにラウンドしており角がないので柔らかさを感じる持ち心地です。

底面にはUSB端子、スピーカーがあります。シンプルなルックスとシルバーというカラーで飽きのこないデザインになっています。面白味や目新しさはあまり感じませんが不足があるわけではなく、うまくツボを押さえているという印象です。

シンプル、そして2.5Dガラスのスムーズな感触

表面も至ってシンプル、ナビゲーションボタンはディスプレイの外側に独立して配置されています。今まで使ったAndroid携帯はナビゲーションボタンが画面上に表示されているものが殆どだったので新鮮な感覚です。画面領域を邪魔しないスタイルですが慣れるまでに少し時間がかかりそうです。

ブルー基調の待ち受け画面が白い前面にしっくりきています。表面の2.5Dガラスと背面のラウンド形状で引っかかりのない持ち心地です。それでいて軽量なので「これが無駄のない禅の心なのか」と感じました。重箱の隅を突っ突くようになりますがディスプレイのフチの黒、その外側のベゼルの白が目立つのが少し不恰好な気もします。折角のシンプルなルックスなのに惜しいポイントです。実際に使用する分にはフチだのベゼルだのはいちいち気にはなりませんが、モノとして眺めて愛でる時に少し気になるところです。

ファーストインプレッションをざっくりと

Zenfone 3 Laserをざっくりとフォトレビューしましたが、シンプルで大きな欠点がないデザインで意外と長く付き合えるのではないかという印象でした。この価格帯(3万円前後)で指紋認証、軽量でスムーズな持ち心地のサンドブラストで磨かれたメタルボディを備えて必要充分で無駄のない「禅」を体現したスマホといってもいいのではないでしょうか。この後は主にカメラを試していきたいと思います。

*このZenfone 3 Laserはモバレコ編集部様よりお借りしたものです。


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す