シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Maxノススメ 最新のiPhoneは最大かつ最良? iPhone XS Maxってそんなに大きいの?

Maxというネーミングのせいで「大きい」イメージのあるiPhone XS Maxですが、実際にどれ位の大きさなのかを見てみようと思います。


スポンサーリンク


今までのiPhoneシリーズのなかで「大きい」Plusシリーズとの対比でMaxを見てみます。

パッと見の全体的なサイズは大差ありません。ディスプレイサイズはアップしていますが、ベゼルの狭さ、ホームボタンの廃止によって全体のサイズは殆ど変わりなく収まっています。(微々たるものですが全体の寸法はMaxの方が小さくなっています)

 

カラーのせいか、Maxの方が厚みを感じます。しかし実際にはMaxが分厚い訳ではありません。

そのサイズで敬遠されることもありそうですが、Maxのサイズは今まで無かった訳ではなく、iPhoneのPlusシリーズと同じサイズ感で使用できる訳です。
確かに片手でヒョイヒョイと操作することは難しいかも知れないし、その重みから落下させた時の破損の心配もついて回ります。

それをカバーするのがアクセサリーとしてのスマホカバーですが、ルックスを損なうことなく優れた耐衝撃性を発揮する商品もあります。

滑りにくいカバーならば片手でも操作することがそれほど困難にならないことも考えられます。

「そんなにしょっちゅう買い換えない(個人差があります)ので大事に使う」ことが出来ればそんなに頻繁に落下させてバキバキに割れたりもしないのではないでしょうか。

Plusシリーズを使い続けていれば片手でスマホを持ってもう一方の手でポチポチと操作するにもそれほど苦にならないでしょうし、MaxもPlusユーザーならすんなりと馴染めることと思われます。

高価格が話題になっていますが、今までPlusを購入し続けているなら微々たる値上げにしか感じないので「価格もマックスなんだな…」といった程度の感想です。
価格で購入を躊躇されているのなら発想の転換(個人差があります)でなんとかなりそうです。逆に「この値段ならMacとか買えるじゃん?」という方はMacを買うのもアリだとは思います。

Macを買えばiPhoneも欲しくなって、更にApple Watchも欲しくなってしまい、それで全部買ってしまえば幸せになれそうですね。

 

Maxの利点、「iPhone史上最大のワイドなディスプレイ」がPlusサイズで楽しめるということで筆者がMaxを選択したのは当然の流れでした。

 

 

iPhone史上最大のディスプレイで撮影した写真や映像、ゲームを楽しむことが出来てそこまで極端に巨大な訳でもありません。

それでいてアラームを鳴らせばよく分かりますがオーディオ関係もかなりの進化を感じることができます。

「今までにないiPhone」を求めているならならMaxがオススメです。


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す