シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

片手でマリオがアクション Super Mario Runを試す


スポンサーリンク

Super Mario Run、ついに配信

当初は12月15日の配信を予想されていたSuper Mario Runですが日本では日付が変わった16日に配信されました。朝起きて配信に気づいたので早速インストールしました。

Pokémon GOに続いてのビッグタイトルの登場です。インストール、起動してみました。

はじめに住んでいる国やニンテンドーアカウントとの連携を確認します。ニンテンドーアカウントを取得していなくても遊べるようになっています。

お約束の展開、何度でも、何度でも捕まるピーチさん

名前入力するとピーチ姫からの手紙が届きます。

そこにすぐさまクッパが登場、ピーチ姫とケーキを奪い去る旨をご丁寧に通知してくれます。ここからチュートリアルがスタートします。

片手でアクション、マリオが走る、跳ぶ!

基本はマリオがオートで走り小さな段差もオートで乗り越えてくれます。

的に接触、穴に落ちるとワンミスとなりシャボンに包まれます。復帰したい場所で画面をタッチするとシャボンが割れて復帰します。

クリボーぐらいならオートで乗り越えます。ジャンプは長くタッチすれば高くジャンプします。ジャンプを使えばオートで乗り越えていたクリボーをジャンプで踏みつけてやっつけることができます。

タッチのタイミングによってテキを飛び越えながら高くジャンプ、そういったアクションも指一本で操作できます。

お城に到着しましたがすでにクッパに襲われていました。ここでチュートリアル仕立てのステージは終了、ワールド1−1がスタートします。


スポンサーリンク

スーマリの世界へようこそ!

画面下に「ワールドこうにゅうがめん」という項目があり課金か購入の予感がしますがゲームの冒頭部分は取り敢えずプレイできるようです。

スーパーマリオのようなアクションゲームを片手で遊べるということが新鮮です。リズムゲームのような感覚もあってPokémon GOよりもユーザーの裾野は広くなりそうです。

拙い腕前ながらクリア、1−1なので特に難しくもないので新しい操作感覚を楽しめます。

課金ではなく購入、1,200円は高いのか

1−2、1−3をクリアしていき、1−4までやってきましたがここで無料プレイが終わりを告げます。

1−4以降のプレイには1,200円でワールドを購入する必要があります。全6ワールドを特典つきで「購入」なので「課金」とはまた違ったスタイルに見えました。初めの1,200円での購入を高いと見るかゲーム中で追加課金していくよりも安いと見るかはユーザー次第、スマホ向けのゲームを提供するよう方向転換した任天堂の本気を1,200円で体験するかどうかは1−3までプレイしてから考えてもいいのではないでしょうか。


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す