シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

劇場版 selector destructed WIXOSS 特別展示【Battle Field-この劇場は戦域-】

叶えたい願いをかけて戦うセレクターの少女たちの物語

本日2月13日より公開される「劇場版 selector destructed WIXOSS」の特別展示が梅田ブルク7で1月29日から開催されています。この期間に何度か映画を見に行った時に見ていたので公開初日の朝に少し紹介したいと思います。

image エレベーターを降りるとすぐに展示スペースが目に飛び込んできます。「この劇場は戦域」という物々しいイベントタイトルです。そのまま映画のタイトルになりそうです。

Battle Field-この劇場は戦域-

image エントランスにかなりのスペースを割いて展示がされているのでブルク7に来るとほぼ確実に目にするようになっています。ほぼ確実に他の作品を観に来た人の目にも留まるレイアウトになっていました。知らない人が大雑把に見ただけでも「最近よく見かけるカードゲームもの、女の子がメインキャラ、シリアスなストーリー、少しドロドロしてる?」ということが伝わると思います。

テレビ版を振り返るパネルたち

image テレビシリーズ24話のストーリーを見ることが出来るパネルが宙に浮いているように展示されています。これを見るだけでも何となくどんなストーリーか分かるようになっていました。1話あたりパネル1枚ですが結構な密度の情報が詰まっているので全部見るには結構な時間がかかります。若干配置的に見難い場所もありましたが手の込んだ造りなので一度見ることをオススメします。image この展示スペース、待合スペースに近くて他の作品の上映待ちの人が怪訝な顔で展示を見たり撮影している僕を見ていました。出来るだけ人が写らないようにしたくてカメラを構えたまま硬直しているみたいになるのでかなり怪しく見えるのかも知れません。人が写る、後ろ姿とかならまだしも顔とか個人が特定しうるものが写るとそのまま使えずに画像加工してモザイクをかけたりボカしたりしなといけなくなるので結構大変です。レイヤーさんを撮影させてもらう時のように通りがかっただけの人に掲載許可なんて貰おうとしたら如何わしさ爆発です。オタクではないのですが…

image 他にもサイン色紙や実際のカードも展示されていてかなり気合の入った展示になっています。そういえばテレビアニメとトレーディングカードゲームが同時進行でリリースされてたのを思い出しました。これだけの展示を見ると劇場版に期待してしまいます。「劇場版 selector destructed WIXOSS」本日より公開です。僕も一度観に行ってみようと思います。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す