シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Pokémon GO聖地、天保山は結局何の巣なのか

Pokémon GO聖地天保山、最近の傾向

poke_go_tenpouzan_008

Pokémon GOの聖地としてすっかり定着した感のある大阪天保山エリアエリアですが前回はビリリダマ、コイルが多く出現し、時折ジム戦でも有力なポケモンがゲットできました。しかしそういった傾向は変化していくことが多く見受けられるので先週調査に行ってきました。

相変わらずのポケモントレーナーたち

poke_go_tenpouzan_002

後ろ姿ですが全員スマホを見ながら歩いています。ここは天保山公園、入り口付近にポケストップが3つ並んでいてそこに居座っていればかなりレアなポケモンが出てきます。前回行った時にはラプラスの出現も確認出来ました。人が集まるので色んな情報が耳に入ってきます。「〇〇が出た!」と急に大人数での移動が始まったりして初心者でもレベル上げ、ポケモン収集が捗るような環境です。モンスターボールが無くなっても公園を一周すればポケストップで補充できます。

poke_go_tenpouzan_007

左側の場所は「噴水前」という場所です。画面奥には天保山公園が見えます。ここも日陰でポケモンを集める人の群れが出来ていました。トイレも食事が出来る所もすぐそばで5メートルおきに自販機があったりして快適にプレイできる場所になっています。意外とピカチュウとの遭遇も多かったです。

3時間でどれぐらい成果が出たか

poke_go_tenpouzan_003

前回はコイルの巣ではないかというほどコイルが出ましたが今回は5匹出現しました。他にはサイホーンが6匹、海のそばだからかコイキングがいちばん多く出現しました。

poke_go_tenpouzan_004

パウワウも7匹、ハクリューは2匹出ました。ハクリューは一気に人が移動したので後をついていったら遭遇できました。あと予想外だったのがピカチュウが11匹出ました。

poke_go_tenpouzan_005

ビリリダマは相変わらずの出現度合いで9匹出ました。これも「巣」状態といってもいいかも知れません。他にはブーバーが2匹、ロコン6匹、ワンリキー3匹も天保山での遭遇でした。

「巣」というより「聖地」

結局3時間程度でピカチュウの11匹をはじめにビリリダマ9匹、パウワウ7匹、コイル5匹、サイホーン6匹、そしてコイキングが大量に出現しました。昼以降にレアなポケモンが出る傾向にある、といった会話も聞こえてきました。今回は「ピカチュウの巣」といえる状態の天保山エリアでしたが安定して他のエリアとは違うポケモンがある程度まとまって出現する大阪のPokémon GO聖地といっても過言ではないのではないでしょうか。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す