シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イートレビュー ラーメン荘 夢を語れ 京都一乗寺

新緑の洛北で夢を語れ

ramen_sou_ichijyouji_001

「ラーメン荘 夢を語れ」に行ってきました。京都の叡山電鉄一乗寺駅から徒歩10分程度でした。この一乗寺駅、アニメ「けいおん!!」のオープニングに出てきます。一瞬だけですが…

実は本命は…

本当は「池田屋」に行きたかったのですが何故か準備中の看板が立てかけてあって営業していませんでした。ここですぐ近くにある「ラーメン荘 夢を語れ」に行きました。

ramen_sou_ichijyouji_003

それほど待たずに入店できました。寺田町や枚方、西宮のラーメン荘にはよく行くのですが一乗寺に来るのは初めてでした。

呪文?の唱え方

ramen_sou_ichijyouji_002

ここで「豚ラーメン」の食券を購入、880円でした。いつも通り麺が茹で上がるとニンニクのある、なしを聞かれました。ここで「ニンニクなし、ヤサイマシマシ、アブラマシ、カラメマシ」とコールしました。これはニンニクは無し、上に載せる野菜(もやし、キャベツ)は多め、背脂は少し多め、醤油は少し多め…という意味です。マシ、の場合は「マシ」を付けなくても通じます。「ニンニクなし、ヤサイマシマシ、アブラカラメ(カラメアブラ)」でもオーケーです。僕の場合は「ヤサイはマシマシ、カラメはマシ、アブラはマシマシ」といったオーダーをする時に店員さんに伝わりやすいようにトッピング一つずつにマシ、マシマシを付けるようにしています。

そしてやってきた豚ラーメンニンニクナシヤサイマシマシカラメマシアブラマシ

ramen_sou_ichijyouji_013

これが豚ラーメンニンニクナシヤサイマシマシカラメマシアブラマシです。やはりお腹が空いている時にはこれがいちばんです。麺は茹でる前で300グラム程度で初めて二郎系に来る人でも気軽に楽しめる量ではないでしょうか。

ramen_sou_ichijyouji_010

別の器で出てきたアブラを載せてヤサイと頂きます。見た目ほどギトギトしていないのが不思議です。

ramen_sou_ichijyouji_009

そして「豚」です。スライスされたチャーシューに慣れているひとには「塊」に見えるかも知れません。大きくて食べにくそうに見えるかも知れませんが、今回の豚はプルンプルンのトロットロといった表現がぴったりでした。ぷるぷるとしていて口の中でトロッととろける食感はやみつきになってしまいます。

ramen_sou_ichijyouji_008

麺は少し太めの縮れ気味です。これに慣れてしまった僕には他のラーメン屋さんの麺が素麺ぐらいに感じてしまいます。食べ応え満点の麺、しっかりと食べた感覚を味わえます。

ramen_sou_ichijyouji_006

豚を最後の方に残しておいてガブリといただくのも美味しいです。ゴツくて食べにくそうに見えますが本当に柔らかくて口の中でとろけました。僕は「当たり豚」といっていますが「神豚」と評しても良い出来でした。

ramen_sou_ichijyouji_004

今回は図らずも一乗寺のラーメン荘に行きましたが、初めてのお店でとても美味しくラーメンを食べることが出来たのでラッキーでした。美味しいラーメン、ご馳走様でした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す