シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラーメンレビュー 関目団長 男の根性黒醤油 全男盛

わっしょい系?初挑戦

わっしょいグループのラーメン店の4号店として4月15日にオープンしていた関目団長に行ってきました。お店は地下鉄谷町線、関目高殿駅からすぐの関目5交差点そばにありました。

ramen_review_dancyou_001

「男の根性黒醤油、全男盛」というなんとも暑苦しいネーミング、約1.4キロという売り文句ですが驚くほどの重量ではありません。どんなラーメンが出てくるのか期待しながら待ちました。

ramen_review_dancyou_009

水かと思ったらジャスミンとセイロンがブレンドされたお茶でした。脂っこい食事によく合うのではないでしょうか。こういったポイントは女性にも嬉しいかも知れませんね。

ramen_review_dancyou_002

すぐにやってきました、「男の根性黒醤油、全男盛」です。丼の形が独特でカフェっぽく見えなくもありませんが盛られているのはラーメンなので不思議な感覚です。

実食

ramen_review_dancyou_003

豚バラの上にブラックペッパーをふりかけてみました。更に濃そうなルックスになりました。

ramen_review_dancyou_004

肉の下に見える野菜、もやし、キャベツですが今まで行った二郎系ラーメンのお店との違いは茹でているのではなく炒めているようで焼き目のようなものが見えました。

ramen_review_dancyou_005

スープは黒醤油、見た目は濃い色でこってりとしていますが後味はスッキリしてギトギトした感じではありませんでした。

ramen_review_dancyou_006

麺はツルツルシコシコ、といったうどん的な食感で食べやすい印象でした。ゴワゴワとした太麺が好みなのですがこういった麺も食べやすくていいと思いました。麺重量は250グラム、少しお腹が空いた時の軽食に最適な量ではないでしょうか。

ramen_review_dancyou_007

一番上の豚肉を残して野菜を食べたあと、豚肉で麺を包んで食べるのが美味しかったです。麺の滑らかな食感のお陰でいくらでも食べれそうでした。

ramen_review_dancyou_008

スープを飲み干すと丼の底に「忠」という文字が入っていました。この文字は丼ごとに違うようです。初めての来店でしたが男臭いネーミングのメニューが並ぶ割には麺の量も細かくチョイス出来てジャスミン&セイロン茶が置いてあったりカウンター席以外にもテーブル席もあったりして店内も綺麗で女性にも入りやすいのではないかと思いました。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す