シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現地レポート 噂の串カツ屋「松葉」に抗議文

立ち退かない串カツ屋、として有名だった松葉がここ数日(正確には6月13日から)営業していません。大阪市は11日づけで行政代執行法に基づく戒告書を交付し12日までの立ち退きを求めており、その命令執行停止を求めた松葉側の申し立てが却下されたのが同じ12日、ということで13日からの休業が決まったようです。行政代執行、といえば強制撤去というイメージがありますが近々それが梅田地下街、ウメチカのど真ん中で執行されることになるかも知れません。

これは13日の様子です。 

 関西の人気番組、「魔法のレストラン」 のステッカーもそのまま残っていました。 

 立ち止まって写真を撮る人、「ここが、あのお店?」と珍しそうに見る人、と関心の高さが感じられました。 そして本日6月16日朝に僕が通りがかった時に少し変化がみられました。

  松葉の手前に地下の整備事業の計画、完成予想図が掲示されているのはいままで通りですが…なにやら店頭に張り紙のようなものが掲示されていました。  抗議文、でしょうか?テープで貼り付けられています。抗議の主がはっきりしないうえに内容も穏やかではないですね。「松葉」は分かりますが「イタセンバラ」は魚、でしょうか?僕の記憶では「イタセンパラ」だった気がするんですが…  僕もウメチカの松葉の 雰囲気が好きだったので今回の件はとても残念ですが大阪市と松葉、双方の言い分もあるから「仕方がないのかなぁ…」と思いつつもう少し顛末を見届けたいと思います。(この貼紙は本日午後に撤去された、とのことです。)

*このブログは全てiPhone 6 Plusで画像撮影、ブログ作成しました。(モブログ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す