シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GALAXY Tab S カメラテスト

GALAXYアンバサダープログラムでお借りしているGALAXY Tab S 10.5ですが、カメラの性能をテストしてみたくて夜の梅田に出掛けてみました。あまりカメラに詳しくはないので、「カメラの性能試すなら夜景でしょ?」という安直な考えでカメラテスト実行です。先ずはオート(自動)モードでうめきた広場から大阪駅を撮影してみました。

2014-10-25 20.08.50

それからHDR(リッチトーン)モードです。

2014-10-25 20.08.12

僕みたいなメカ音痴でも気づく程の違いです。かなり明るく写っていました。同じ順番で写していってみました。

ヨドバシカメラ梅田店を写してみました。オートです。

2014-10-25 20.13.50

そしてHDRです。

2014-10-25 20.13.39

明るさは目立った変化は感じませんが、照明の部分、「Yodobashi-Umeda」の箇所がしっかりツブれずに写っていました。

それからヨドバシの反対側から大阪駅を写してみました。

2014-10-25 20.33.57

手前のバス乗り場が暗く写っています。なんとなくバスと分かる程度ですね。

2014-10-25 20.33.50

HDRにするとバスの車内まで写っています。これはかなり顕著な違いですね。他にもいくつか撮影しましたがこれらが一番違いの分かりやすい画像でした。やはり明暗の差の激しいシチュエーションで威力を発揮するHDRモードではないしょうか。何気ない風景でも楽しく撮影できますね。

*このブログの画像はGALAXYアンバサダープログラムでお借りしたGALAXY Tab Sを使用して撮影しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す