シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone 6 Plus、一ヶ月使ってみて

iPhone 6 / 6 Plusが発売されて一ヶ月が経ちました。僕は6 Plusを購入、メインに使っていますが、この一ヶ月で感じたことを書いてみたいと思います。

大きさ

 2014-10-18 17.56.51 2014-10-18 17.54.29

やはり大きさ、サイズですね。僕はファブレット全盛のなか、「大きな画面のiPhoneを使ってみたい」と思っていたので迷わずに6 Plusを選んだんですが文句なしのディスプレイの見やすさでした。大きさはニンテンドー3DSと比べてみると分かりやすいでしょうか。薄さも7.1㎜と「ディスプレイはサイズアップ、薄さは更に薄く」という触れるだけで進化を感じやすいポイントですね。

 2014-10-18 17.51.50 2014-10-18 17.52.19

操作感

大きくなったことで手の小さな僕には扱いにくくなったのは確かです。重くなっているので落とした時の衝撃も心配です。片手で持ってもう片方の手の人差し指でポチポチすることが多くなりました。

 2014-10-18 17.54.53 2014-10-18 17.54.42

今まではスマホを片手で持って親指で操作していたのですが今回はそうはいきません。ホームボタンをトントンとタッチするとディスプレイ下半分に寄ってきますが、アプリを起動するとまたフルサイズでもう一度トントンとタッチです。その点はGALAXY S5のようなディスプレイが左下、右下方向に寄る機能の方が嬉しかったですね。

動作

動作ですが大きくした分おおらかになった感覚です。大きくなった6 Plusのディスプレイ対応しているアプリがまだ少ないのでしょうか。有名なTwitterの鳥さんですが、今はその挙動はなくなりましたが起動時に画面中央から一瞬右にズレてからこちらに迫ってきていました。Dropboxも起動してから「黙っている」時間が他の端末に比べ長いですね。カメラ等全体的にも言えることですが時折操作を受け付けなくなったりすることもありますね。

 2014-10-18 18.01.53 2014-10-18 18.02.40

意地悪な言い方をすれば「重くて、どんくさい」ですが、そのうち改善されていくことに期待ですね。

横向き画面

 2014-10-18 17.55.05 2014-10-18 18.57.43 2014-10-18 18.01.16 2014-10-18 18.01.05

ファブレットということもあってホーム画面を横向きにしたりも出来ますが、肝心のアプリがまだ対応しきれていないのでしょうか。結局は縦持ちになっちゃいます。Safariでは今までは画面の比率が縦横で変わるだけでしたが横向きにするとページが重なり合った状態から変化します。少し目先が変わって面白いですね。

2014-10-18 17.58.54

スクールアイドルフェスティバルが両手持ち、親指でプレイすると中央部分に届きにくい、という思わぬ不都合?もありましたがやはり気に入っている一ヶ月目の僕のiPhone 6 Plusです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す