シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

舞台探訪「阪神沿線物語 第1話」

僕が通勤で利用している阪神電車のCMが評判になっているので舞台探訪してみました。

「東京で働く達也(ハマカーン・神田伸一郎)には優子(佐藤江梨子)という神戸出身の彼­女がいた。ある日のデートの帰り道、意を決して優子にプロポーズをする達也だったが、­優子の口から出たのは意外にも別れの言葉だった。大失恋から、物語は大きく動きはじめ­る。」というストーリーですが舞台が阪神沿線、そして僕の祖母が暮らしていた街、御影の駅が出て来ることもあって散歩がてら出かけてみました。

先ずは阪神梅田駅で達也がおじさんに御影を「おかげ」と間違えて尋ねています。

 2014-10-13 08.00.16 2014-10-13 07.54.05

ここは阪神梅田駅、地下で4番線までホームがあります。

 2014-10-13 07.56.45 2014-10-13 07.58.11

おじさんが「み・か・げ」と教えてくれます。実はこのおじさん、阪神電車の社長さんとのことです。それでは僕も阪神電車に乗って御影まで行ってみましょう。

 2014-10-17 09.57.44 2014-10-17 10.01.37

CMでは「み か げ」と文字が入っていた御影駅と描かれた本当に御影石で出来た部分、映り込んでいる建物の窓から南口の方だたと分かりました。祖母が御影駅の南側に住んでいたこともあってすぐに特定できました。

 2014-10-12 06.10.21 2014-10-17 10.11.42
 2014-10-17 10.49.55 2014-10-17 10.47.18 

達也、到着です。少しCM撮影時と変わっていたところはタイル張りだった柱が御影石になっていたり、自転車侵入禁止と書かれた柵が出来ていたりしますが、病院の広告はそのままですね。

 2014-10-17 10.12.58 2014-10-17 10.17.57 
 2014-10-17 18.29.29 2014-10-12 06.14.20
  
そこにサトエリの優子が通りがかります。突然の訪問に「なんで・・・」と苦笑いです。このバレンタイン広場の先にあるチョコレートを模したバス停が印象的です。

 2014-10-12 06.14.58 2014-10-17 10.36.53 

駅員さん役でハマカーンでの神田の相方、浜谷も出演しています。

ふたりの視点でお互いがいた方向を見てみました。結構離れています。

 2014-10-17 10.52.41 2014-10-17 10.54.05

そしてラストの六甲の山並みをバックに阪神電車が走り抜けるシーンです。

この風景も僕にとっては見覚えのあるものでした。

 2014-10-17 11.17.01 2014-10-17 11.37.12

少し拡大してみると特徴のある形の建物が見えました。これは阪神大石駅のホームから見えました。

 2014-10-17 17.57.40 2014-10-17 12.16.26

そして左手前に見える貯水槽のようなものも大石駅のホームから大阪方面に見つけることが出来ました。

あとは映っている建物の位置関係から少し離れた場所からの眺めとそっくりでした。詳細な場所は伏せておきますが本当に六甲の山並み、御影の街が見渡せる素晴らしい眺めでした。ちょうど同じタイプの普通電車が通り掛かったので同じ位置で写してみました。

2014-10-17 11.56.44
2014-10-17 12.05.34-1

この「阪神沿線物語」、続編CMも放映されているので舞台になっている地元の方々に迷惑を掛けないよう今後ものんびり探訪を楽しめたらと思います。

*このブログのCM部分の画像は比較目的で掲載しております。探訪時の画像は全てApple iPhone 6 Plusで撮影しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す