シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Pokémon GO聖地? ビリリダマとコイルの巣?大阪天保山エリアレポート

Pokémon GO 大阪ではここがアツい!天保山エリア

pokego_tenpouzan_003

今回Pokémon GOをプレイする天保山エリアは大阪地下鉄の大阪港駅からすぐ、地名にもなっている日本で一番低い山、天保山(4.53m)もすぐそばにあります。海遊館、ハーバービレッジといった施設もあって観光スポットとしても有名です。

pokego_tenpouzan_013

ここが天保山公園内の天保山山頂です。この周囲にポケストップが集まっていて明らかにPokémon GOをしている人たちがひしめきあっていました。

pokego_tenpouzan_004この日も晴天、気温は上昇するいっぽうです。しかし天保山公園の入り口付近はこの賑わいです。殆どのひとがPokémon GOをしていることが分かります。テレビ局が取材に来ていて大阪でも有名なポイントであることが伺えました。独特の雰囲気の空間で聞こえてくる会話もPokémon GOに関するものばかりでした。

pokego_tenpouzan_005

ここは海遊館の裏側にあたる岸壁ですがここにもポケストップがありました。日陰から出ても気持ち良い潮風が吹いていて暑いなかでもPokémon GOを楽しむには最適な場所ではないでしょうか。

天保山の傾向…ビリリダマとコイルの巣?

pokego_tenpouzan_006

この日の天保山の傾向としてはビリリダマとコイルの巣ではないか?という印象でした。出現数はどちらも3時間程度で10匹以上になりました。おこうを使っていない状態でも「またビリリダマ出た…」といった状態でした。

レアコイルから始まったレアポケモン探索

pokego_tenpouzan_008

コイルを集めているうちにレアコイルも出現しました。コイルの進化した強そうなポケモンです。今までゲットできなかったポケモンが次々と現れて満足していた矢先、急に走りだすポケモントレーナーを目撃しました。

これは天保山公園方向に向かうポケモントレーナーたちの様子です。話によると天保山公園にラプラスが出たみたいでその情報に誘われて走っていたみたいです。筆者と同行者のふたりも後を追ってみましたが残念ながら時間切れだったみたいです。ここでトレーナー同士が情報交換しているので近くにいた人に尋ねてみると「大体15分で消えてしまう、今はギャラドスに間に合うから行ってみるといい」と言われました。「こんな暑いなか、走り回るなんて…」、「危なそうだしそこまでしなくても…」と言いながらもギャラドスを求めて人の流れについて行きました。

pokego_tenpouzan_009

ギャラドスのポイントはすぐに分かりました。ポケストップもない場所に明らかに不自然な人だかりが出来ていました。ここで無事にギャラドスをゲットできました。

pokego_tenpouzan_010

ウインディはここで出現しました。普通のコインパーキングの前でした。ここもルアーモジュールを使用したポケストップがあるわけでもない場所に大勢の人が集まってゲットしたらサッと人がいなくなりました。

pokego_tenpouzan_011

ウインディをゲットした場所で「プテラ?プテラはどこ?」という声が聞こえました。これも人の流れについていくとビルの前に人だかりが出来ていてすぐにプテラをゲットできました。人の流れについていくだけで珍しいポケモンに遭遇できるのでスマホ片手にあちこち走り回っている人たちの気持ちも分かるような気がしました。真夏の昼間に歩き回るので熱中症、日焼け、水分補給に留意しながら周辺に迷惑が掛からないようにスマートにPokémon GOを楽しみたいですね。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す