シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イベントレポート NISMOロードカー展示

グランフロントにZ参上

グランフロント大阪で日産のパフォーマンスブランド、NISMOのロードカーが2月25日から展示されているので仕事帰りに寄ってみました。

image 2階から見下ろしてみると5台の白いNISMOのロードカーが見えました。20時までのイベントで終了15分前だったので空いていました。フェアレディZ、エクストレイル、ノート、ジューク、マーチが並んでいました。

image いちばん目を引くのはやはりフェアレディZです。白を基調にした精悍さのなかに色っぽい曲面を内包した美しさを感じます。端的に言うと「カッコイイ」です。

image 価格は5626800円、少し頑張れば買えそうです。その代わりにクルマに住むことになりそうですが。

image サイドにはZのエンブレムが見えます。ホイールも精悍なルックスで白い車体の足回りを引き締めて見せてくれます。

image コクピット、といった佇まいの運転席です。ここにもZの文字が見えます。重厚な雰囲気です。

image 乗り込んでみました。6速マニュアルミッションにテンション上がりまくりです。運転するとどれだけ楽しいだろうかと思わせるものがあります。

image ハンドルも重厚感があってカッコいいです。運転席に座ってみて感じたのは意外と視界が広くて運転しやすそうな感触でした。それでいて包み込まれるような着座感覚、割り切った2シーターとして考えてみればそれほど狭苦しくもなく、何処までも走りたくなるような感覚に襲われました。

マニュアルでクルマを操る楽しさを思い出してしまいそうでした。オートマ車ばっかり乗っていると忘れてしまう感覚です。
image スタッフの方とお話したのですが、「フェアレディは根強いファンがいるクルマで今回のイベントでも人気、走る楽しみを求めながらも車高も低すぎず街乗りで底をこする心配もない、子育ての終わったお父さんが購入される時にもギリギリ奥さんに許してもらえそうなクルマ」というようなお話を聞くことが出来ました。本当はこういったクルマをポンっと買えて乗り回せれば最高なんですが。

image 「クルマは動けばいい」というのも分かるし、「クルマには走る楽しみ、悦びを求めたい」というのも分かりますが、今回のイベントで「やっぱりクルマって楽しいんだ」と思いました。本当にドライブに行きたくなっちゃうイベントでした。

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す