シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪のインスタ映えポイント ナナガン閉鎖直前現地レポート


スポンサーリンク

インスタ映えするポイントとして有名な、大阪の「ナナガン」こと第七岸壁が12月8日で閉鎖されるということで閉鎖前に現地に行ってきました。

昼のナナガン

まずは下見を兼ねて昼間に行きました。他に数台のトラックや乗用車が停まっている程度でひっそりとした雰囲気、見晴らしの良さに驚きました。

夜になると混雑しそうなのですが昼間、それも曇りの日には魅力が半減するかも知れません。青空の下でも眺めてみたい風景です。

岸壁沿いに放置されたゴミ、空き缶からカー用品のパッケージ、コンビニ袋が捨てられていました。

そういったことが閉鎖原因のひとつになっていることが窺える張り紙が掲示されていました。

次に来た時はこの背景が綺麗な夜景であることを期待しつつ現地をあとにしました。


スポンサーリンク


夜のナナガン

夜のナナガンです。想像していたより暗い、という第一印象でした。

周囲にはヘッドライト以外にも多数の光を放ちながら走る車、オーディオを車外まで響かせている車が行き交っていました。他にもバイクで来ている人も多く非常に賑わっていました。

Nikon D5500で撮影した阪神高速湾岸線の港大橋です。もっと橋全体がライトアップでもされているのかと思っていました。目で見るのもいいですがカメラの夜景モードで撮影するのもいい感じです。

対岸の様子です。巨大なクレーンが見えます。港大橋以外にも見所あり、です。

愛車と港大橋です。隣にいたバイクの集団の皆さんが気を遣って下さって逆に恐縮してしまいました。

少し寄り気味で港大橋をボカしてみました。もっと撮影技術があればよかったのですが格好良く撮れた気がします。それにしてもナナガン、閉鎖は残念です。

最後にヘッドライトの軌跡を追う

帰りに立ち寄った朝潮橋PAで走る車のヘッドライトの軌跡を写すことにチャレンジしました。

なにせあまり撮影知識がないので絞りや感度を調節しながらの撮影でした。背後に天保山の観覧車が見えています。

三脚を持っていないので、手すりに手で固定しての撮影でした。露出時間が長くなり寒さで手先が冷えきってしまいました。

これもヘッドライトの光跡が写っています。車が来るタイミングが合うとこのように写りました。

12月8日を最後に閉鎖されるナナガン、残念ではありますが昼間に見たゴミや夜間の大音量のオーディオ垂れ流しなど、閉鎖されても仕方ないような面も見られました。

閉鎖まであと数日のナナガン、混雑が予想されるうえに現地は街灯等のない暗い場所なので訪れる時には注意が必要です。


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す