シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

けものフレンズ かんさいちほー初のパネル展示 in みさき公園


スポンサーリンク

けものフレンズ夏休み動物園コラボ企画第一弾として大阪府岬町のみさき公園(最寄駅 南海電車みさき公園駅)での「飛び出せ、みさきフレンズ」開催が発表されました。
けものフレンズ@公式アカウント(@kemo_anime)によると7月6日から9月19日という夏休み期間の開催で多くのフレンズが岬町を目指すことになりそうです。

 

プレスリリース、ニュースリリース配信サービス、PR TIMESによると、けものフレンズとみさき公園のコラボ企画としてパネルの展示をメインにオリジナルの缶バッジの販売などが予定されています。

パネル展示フレンズ

パネル展示は園内に在籍して入る動物19種とサーバル、フェネックの21種類、アニメ版でお馴染みのフレンズも見ることができます。これは「たっのしー」企画です。

サーバルやフェネックといったお馴染みのフレンズに加えてバンドウイルカ、カリフォルニアアシカといった海のそばにあるみさき公園ならではのフレンズもいます。

解説するフレンズ

動物解説パネルも3種類予定されています。アライさんとタヌキ、ライオンとトラ、ヒツジとカピバラという組み合わせです。実際の動物をフレンズの解説で知ることが出来る「すっごーい」企画です。

オリジナル缶バッジ販売

けものフレンズとみさき公園のオリジナル缶バッジも販売されます。オグロプレーリードッグとバンドウイルカの缶バッジの販売にくわえて、ナイトズー入場チケット購入者にはアカカンガルーの缶バッジがプレゼントされます。

夏休み期間ということで2ヶ月という長い開催期間ですがオリジナルの缶バッジはなくなり次第終了するので早めにフレンズに会いに行った方が良さそうです。

ソース:PR TIMES


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す