シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たーのしー!大阪のジャパリパーク?天王寺動物園でフレンズに会えるよー!


スポンサーリンク

大阪でもフレンズに会える!天王寺動物園

けものフレンズに登場するフレンズは実際にはどんな動物なんだろう、と神戸どうぶつ王国に行ってきましたが、今回は大阪の天王寺動物園に行ってみました。

カバ

初期に登場する、カバです。 カバのモニュメントを正面から撮影しました。身体全体でカバの顔を表現していることが伺えます。 眠たげな表情でのんびりとした雰囲気のカバです。 実際のカバも終始水から出る事なく眠たそうにしていました。こういう表情も意外と似ています。


スポンサーリンク


シロサイ

猪突猛進型のシロサイ(右端)です。 かなり似ていますが、実は天王寺動物園にいるサイはクロサイです。一見すると白く見えるのですが…鎧のような身体がいかにも強そうに見えます。

ジャガー

ジャガーです。美しい斑点模様が特徴です。 後ろを振り返るシーンと重なるアングルです。複雑で美しい斑点模様です。 サーバルがバスにはねられたところを見て笑うジャガーとかばんちゃんです。 ジャガーは俊敏でしなやかな身のこなしが印象的でした。

ライオン

百獣の王、ライオンです。 望遠レンズで撮影しましたがずっとこちらを見ていて視線が合っていました。 登場した時は恐ろしいイメージでしたが、実はユルいライオンです。 基本的には眠たそうにしていることが多かったライオンです。時折見せる鋭い視線が格好良かったです。

ニホンツキノワグマ

ライオンの城の中で門番のようにノシノシと歩き回っているニホンツキノワグマです。 天王寺動物園では「ニッポンツキノワグマ」という標記になっていました。 折角忍び込んでいたのにヘラジカがわざわざ名乗り出て見つかってしまいます。 ホッキョクグマと比べてあまり注目されておらず、退屈そうに練り歩いていました。

フンボルトペンギン

ペンギンのアイドルユニット、PPP(パペプ)のメンバー、ちょっと不思議な雰囲気のフンボルトペンギン、フルルです。 嘴を含めた顔や身体の模様がかなり忠実に再現されていることが分かります。呑気なイメージもそのままでした。

インドゾウ

1話に登場するインドゾウです。 天王寺動物園にいたのはアジアゾウでした。インドゾウに比べて耳が小さめです。 フレンズのインドゾウは牙と耳が特徴的です。 あべのハルカスが背景に見えます。都市型動物園である天王寺動物園らしい風景です。 他にもアライグマもいたのですが、暗い夜行性動物のスペースでどこにいるか発見できませんでした。けものフレンズに登場するフレンズを探して実際の動物園に行くことで、今までにない動物園の楽しみ方が発見できました。 *このブログのアニメ画像は比較研究の為のみに使用しております。全ての権利は©︎けものフレンズプロジェクト/KFPAにございます。


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す