シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪北部地震、オタクがその直後にとった7つの行動


スポンサーリンク

今朝起こった大阪北部地震ですが筆者も震源地間近に在住しており、非常に大きな揺れに襲われました。

そういう災害時にオタクとしてどのように行動したかを備忘録として残しておきたいとも思います。

1、まずは揺れが収まるまで布団を被って待つ

地震発生時はまだ布団でウトウトしていたので揺れを感じた瞬間に掛け布団を被って揺れが収まるのを待ちました。

2、各方面に安否確認

揺れのあと、外に出て実家や職場に安否の確認をしようとしましたが接続できない状態でした。何度かかけてやっと繋がり各方面無事であることが確認できました。


スポンサーリンク


3、家の中の状態をみる

電子レンジが転がり落ちていました。他にも色んなものが床に散乱していましたが幸運にもガラス類の破損はありませんでした。

フィギュアは無事、それも倒れていませんでした。これには勇気付けられました。

4、お風呂に水を貯める

水道が出ていることが確認できたので湯船に水を張りました。これで断水となった時も少しは持ちこたえることができそうです。

5、ガソリンは満タンにする

その後、近所のガソリンスタンドでガソリンを給油しました。

移動手段だけでなく、寝床、電源としても使用できるのでこれも重要なポイントです。

そして自動車より小回りの効くバイクも燃料を満タンにしました。

6、飲料水の買い出し

ガソリンを入れたついでに近所のスーパーに飲料水を買いに行きましたが、箱買いの飲料水が完売していました。

安いものから売り切れていたので仕方なく高めのものを購入しました。非常時なので兎に角、売り場にあるものを確保しました。

7、充電しまくる

帰宅後、USB充電器をフル稼働させてモバイルバッテリー(10個以上)、スマートフォン(6台程度)をフル充電させました。

その後、ノートPC、携帯ゲーム機、カメラ…と充電するものは全て100%充電しました。

この作業は昼までには終わりました。さすが6ポートもあると便利です。

Anker PowerPort 6(60W 6ポート USB急速充電器)
iPhone/iPad/iPod/Xperia/Galaxy/Nexus/3DS/PS Vita/ウォークマン他対応
【PowerIQ搭載】(ホワイト)
by カエレバ

 

それ以外にも…

いつでも避難できるように2泊3日の旅行の想定で荷造りをし、貴重品をひとまとめにしたりしているうちも余震がジワジワと襲ってきていました。

ガスも復旧できたし停電にもなっていなかったので散乱したものを片付けるのがいちばん大変でした。

その後疲れたので2時間ほど昼寝、現在はサッカーW杯を観戦しています。

今後更に大きな揺れも想定しつつ、出来るだけマイペースで防災、地震に備えたいと思います。


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す