シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発表直後のHUAWEI novaとHUAWEI nova liteを試す


スポンサーリンク


HUAWEIのカスタマーサービスセンターが梅田にオープン

昨日2月22日に大阪駅前第2ビル一階にファーウェイカスタマーサービスセンターがオープンしました。一夜明けた今日23日に現地に行って来ました。

新装オープンを祝うフラワースタンドが並んでいてかなり目立っていました。

豚まんもびっくり?実演修理を見ることが可能

入ってすぐの眺めです。ファーウェイのショールームにもなっているかたちでしょうか。右手に見えるガラス張りの部屋は「修理室」といってカスタマーサービスで受け付けた端末の修理の様子を見ることが出来るようになっていました。(室内の撮影は不可)大阪で実演といえば551蓬莱の豚まんの実演販売が有名ですがこちらは端末の実演修理という日本では斬新にもみえる試みです。

スタッフによると中国ではごく普通の光景のようです。実際に自分の端末が修理されているところを見て更に愛着を感じて貰ったり、子供連れで来店して親子で社会見学のように楽しんでもらいたいということでした。自分のスマホの修理風景を見ることが出来るのは今までにない体験なのではないでしょうか。

「正直企業秘密的な箇所も多くある、しかし他の修理業者がこの修理室内を見て真似をしてもらっても構わない。それよりもユーザーに本体の分解、ガラスや基盤の交換といった各種作業を見てもらって端末を修理することも楽しんで欲しい」ということでこの修理室は注目を集めることになりそうです。


スポンサーリンク


最新機種nova&nova liteも展示

正面に昨日発表されたばかりのHUAWEI novaHUAWEI nova liteが展示されていました。

他にもMediaPadシリーズやHUAWEI WATCHも展示、実際に手に取ることができました。

こちらには2in1タブレットPCのMateBookも展示されていました。

ファーストインプレッション HUAWEI‬ nova

入り口の正面に展示されていた、昨日発表された‪HUAWEI‬ novaです。

2.5ガラスを採用したシンプルなルックスです。

ラウンドエッジで落ち着いた雰囲気の背面は高級感はそれほど感じませんでしたが、落ち着いた色合いのメタル素材とダブルではないカメラのレンズ、丸型の指紋センサー等でシンプルで飽きのこないデザインにまとまっている印象でした。カメラのレンズまわりの黒い部分が少しタヌキのように見えました。

この角度からだと金属っぽさが強調されて非常に頑丈そうに見えました。

ファーストインプレッション ‪HUAWEI‬ nova lite

novaの隣にはnova liteが展示されていました。

昨年発売されたhonor 8に似ています。liteがついているのでどうにも廉価版のイメージを感じてしまいます。

背面です。カメラ、指紋センサーのみというのっぺりとしたルックスです。良くも悪くもシンプル過ぎて面白みがない印象をうけました。目を引くようなポイントがないと店頭でのアピールはかなり弱くなってしまうのではないでしょうか。第一印象で損をしてしまっている感が強いです。

オープン記念としてバンカーリングとType-C対応ケーブルを貰いました。オープンしたばかりの平日のせいか、自分しか来客がいなくスタッフの話をゆっくり聞くことができました。最後に今後端末を多数持ったユーザーが多数訪れるかも知れないと言い残してカスタマーサービスセンターをあとにしました。


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す