シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全てを映す深淵なる「黒」 iPhone 7 Plus ジェットブラック 店頭開封

9月9日の16時1分から予約開始、僕が予約したのは19時1分でしたが一向に連絡は来ません。人気のジェットブラックだし仕方ない…と思いながらも1ヶ月以上が過ぎてしまった10月22日に入荷のメールが届きました。3時間遅れがここまでになるとは思っていませんでした。早速グランフロント大阪のau OSAKAに行きました。

7plus_start_015

事前にプランを決めていたのですが何故か店舗には伝わっておらず少し時間がかかりました。

7plus_start_004

7 Plusが目の前に

手続きのあと、7 Plusがやって来ました。噂通りのジェットブラックを感じるパッケージです。これは1ヶ月待たされたことも忘れるインパクトのある「黒」でした。

7plus_start_013

とにかく早く実機を見たいのでフィルムを取り払いました。実際に通信できるかどうかを確認しないといけないので開封することになるんですが。

開封の儀

7plus_start_005

店員さんに言われる前に開封していました。パッケージの質感、雰囲気は流石と思わせるものでした。こういったユーザーのハートをくすぐる手口がAppleはズルい(褒め言葉)と思うポイントです。単純なので開封の間ずっとワクワクしてしまいました。

7plus_start_007

本体が姿を現しました。黒い宝石とでも言えばいいでしょうか、新品なので当然ですが美しいジェットブラックのiPhone 7 Plusと対面です。実に1ヶ月以上待った待望の7 Plusです。

7plus_start_011

背面も美しさを感じる深淵たる黒、それでいて全てを鮮やかに映す黒です。魅入ってしまい「他のカラーよりキズつきやすい」といった評判を気にしていたことも忘れてしまいました。

そして初起動

7plus_start_014

気がつくと手が滑ったのか店員さんそっちのけで起動していました。なんせ1ヶ月も待っていたので夢中でいじくりまわしていました。

意味もなく6 Plusと並べてみる

7plus_start_017

シルバーの6 Plusとジェットブラックの7 Plusを並べてみました。2台のスマホを並べてそれをまた別のスマホで撮影していたので奇妙なものを見ているかのような他の来店者からの視線を感じました。

7plus_start_018

ホームボタンの手応えに違和感を感じた(それもすぐに慣れそうです)以外は特に大きな変化は感じない第一印象だったのですが6 Plusでシルバーを選んで少し無難すぎたと思っていたので今回のジェットブラックはそのカラーだけでかなり大きな変化だったかも知れません。実際の性能、マシンとしてのポテンシャルはこれから体感していくことになりますが楽しみしかない秋になりそうです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す