シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

響け!ユーフォニアム舞台探訪 最終回「さよならコンクール」編

ついに最終回を迎えた「響け!ユーフォニアム」の最終回「さよならコンクール」の舞台探訪に行った時のようすです。放送終了後に探訪したあとブログを書くのが遅れに遅れてこの時期になってしまいました。
2015-07-02 08.17.59
早朝の宇治駅の様子です。僕は昼間に行きました。
 2015-07-02 08.15.53 2015-07-02 12.42.47
先発だけで次発の標示が出てないですがこの標示板ですね。
 2015-07-02 08.16.24 2015-07-02 12.53.05
窓から見える煙突が目印ですね、13000系車輌車内です。
 2015-07-02 08.17.21 2015-07-02 13.15.56-1
実はこれは中書島駅で扉の閉まる様子を写したので手前のホームの部分が違っています。
 2015-07-02 08.17.29 2015-07-02 12.56.44
京阪宇治線はそんなに混雑していない時間なら車内も撮影しやすいです。人が写ってしまうと加工して…となってしまうので。
 2015-07-02 08.17.35 2015-07-02 12.59.43
秀一も同じ電車でしょうか。
 2015-07-02 12.09.55 2015-07-02 12.09.55
緑輝は伏見稲荷駅から宇治に向かうみたいですね。赤い柱で京阪沿線の人ならすぐに分かると思います。
 2015-07-02 08.18.06 2015-07-04 09.13.54
北宇治高校に集合する吹部の面々です。僕が兎道高校に行った時は野球部が練習していました。
 2015-07-02 08.18.29 2015-07-04 09.13.20
夏に冬服、暑そうです。
 2015-07-02 08.18.41 2015-07-04 09.14.15
集大成になるふたり、気合いが入っています。
 2015-07-02 08.18.55 2015-07-04 09.12.45
何度もアングルを変えて登場する正門です。野球部の部員が素振りをしているのが見えたので挨拶すると挨拶を返してくれました。OBかなんかと思われたのでしょうか。
 2015-07-02 08.22.11 2015-07-04 09.14.38
対照的な先生ふたりです。日頃からビシッとしていて厳しい松本先生と日頃ニコニコしていて音楽に対しては冷徹な滝先生、といった感じでしょうか。ふたりとも締めるところは締める、流石です。
 2015-07-02 08.26.44 2015-07-04 09.15.29
色々と悩みながらも部長をしてきた晴香、「きたぁうじぃふぁいとぉー!」と音頭を取ります。
 2015-07-02 08.29.00 2015-07-02 10.53.35
京都コンサートホールの最寄の北山駅すぐの風景です。
 2015-07-02 08.29.06 2015-07-02 10.56.00
背後のビルが特徴的です。
 2015-07-02 08.30.01 2015-07-02 10.56.24
バスが停まっていたであろう場所近くの横断歩道のあたりです。
 2015-07-02 08.30.36 2015-07-02 11.01.21
催しのない時は昼間でもひっそりとした雰囲気です。時折チケット売り場に人が来る程度でした。
 2015-07-02 08.30.43 2015-07-02 11.02.01
呑まれそうになる気持ち、なんとなく分かります。
 2015-07-02 08.42.47 2015-07-02 20.10.54
北山駅の看板にあった大ホールの様子を拡大してみました。
 2015-07-02 08.46.17 2015-07-02 11.10.05
圧巻の演奏シーン、そして最高の結果が出ました。
 2015-07-02 08.46.42 2015-07-02 11.11.45
コンサートホール前からそのまま空を見上げてみました。 
 2015-07-02 08.47.41 2015-07-02 08.47.41
吹部で記念撮影、色々あったけどみんな最高の表情ですね。
 2015-07-02 08.47.46
吹奏楽のことをあまり知らなかった僕も吹奏楽に興味が湧いてきたりした、「響け!ユーフォニアム」ですがひとまずここでひと区切りですね。今後は原作も楽しみながら2期でもあればいいなぁ、と思いつつ思わず手が滑ってトランペットをポチってしまった梅雨明け前です。
 
*このブログの劇中画像は比較の為に使用しております。著作権は「響け!」制作委員会に帰属します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す