シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

津田美波 Happy Daaaaathday Party!! 2017 ディナータイム


スポンサーリンク

6月8日に行われた津田美波さん初のバースデーイベント、Happy Daaaaathday Party!! 2017ですが、昼の部のティータイムに続いて夜の部のディナータイムが開催されました。夜の部はカレーを使ったメニューが登場、会場がカレーの匂いに包まれて嫌が応にも食欲を刺激するスタートとなりました。

物販は整理番号130番代…

イベント前の物販は夜の部も整理番号制でなんと130番台、昼の部で買えなかったスプーンは並ぶ前に完売、とても残念な結果になりました。

ふたつめのケーキをパクリ!

夜の部も早速バースデーケーキを食べる津田さんです。 相変わらず「ひと口が大きい」という話題になり、津田さんが「私のひと口…」と会場に見せるとざわめく会場、明らかに津田さんの顔からしても「大きい」ですが、津田さんは事も無げにパクッ!と食べてしまいます。 津田さん曰く、「私は入り口が広くて、私のお姉ちゃんは狭い…」ということでしたが、美味しそうに食べる津田さんは可愛いです。見てるだけで幸せになってしまいました。


スポンサーリンク

<

p class=”center”>


津田ちゃんの二択

登場してすぐにカレーのに匂いに反応ていた津田さん、二択アンケートでカレーは辛口か甘口かといったものから、バースデーケーキならどんなケーキがいい?といった兎に角「食」に通じるイベントらしいオープニングでした。ちなみにフードは完売が続出、昼の部に続いてフードには長蛇の列が出来ていました。 この二択アンケートも参加者と雑談でもしているかのような津田さん、飾らない、自然体なところが出ていました。

細かいリクエストに応える参加者たち 乾杯の音頭はフォロワー

昼の部に続いて津田さんのリクエストされた台詞を参加者が演じる企画です。 ここで同じ大阪から遠征していたフォロワーが誕生日を祝う乾杯の音頭を取ることになりました。ファン冥利に尽きる出来事ではないでしょうか。夜の部は他にも知っているフォロワーが津田さんとコンタクトする場面が多くて昼以上の楽しさでした。他にも津田さんのリクエストに参加者が戸惑いながらも応えていました。

今度はオールリクエスト

次も昼の部に続いて津田さんがフライドポテトにトマトケチャップで絵を描いてくれる企画です。 今回はテーブル毎にリクエストを聞いてくれるということで、津田さんの演じているキャラクターや仲の良い声優さんの似顔絵、といったリクエストが飛び交っていました。会場からの声にランダムに応じていた昼の部でしたが、夜の部はより参加者との距離が縮まっていました。僕のテーブルからはイベント当日に誕生日を迎えられていた、「ゆかちん」こと大坪由佳さんをリクエスト、「えー…」と言っていた津田さんですがテーブルに届いたケチャップアートは可愛い大坪さんの顔でした。(>▽<)になっているのが分かる、可愛いイラストでした。

超難問、本人も分からないカルトクイズ

これも昼の部に続いての「だのラジカルトクイズ」ですが、今回は抽選で回答者を決めるのではなく、挙手制となりました。 津田さん本人でさえうろ覚えな様子で参加者と一緒に、「おぉ〜、そんなんだったっけ…」となっていました。昼の部、夜の部の二回行われたクイズのなかでは、「叙々苑の食事券でセルフ札束ビンタをした」というエピソードは聞き覚えがありました。

津田美波の格付けチェック

昼の部にはなかった企画、「格付けチェック」津田美波版です。 みかんジュース、りんご、生ハムといった「食」にまつわるテーマでどちらが高価なものかを当てるのですが、なんと津田さんは全問的中、流石です。ここでも「高くて美味しいものもいいけど、安くて美味しいコンビニとかの食べ物とかも好き」と言う津田さんに親近感が湧いてしまいました。

BINGO飯、おかわり!

津田さんの好きなフードでビンゴを目指す、「BINGO飯(ビンゴはん)」です。 今回は早いタイミングでリーチ、ビンゴが続出、あっという間に終了してしまいました。夜の部はひとつしかマークすることが出来ませんでした。

炸裂するノロケ、みかしーからのビデオレター

夜の部のお祝いビデオレターはみかしーこと三上枝織さんからでした。 両手に津田さんのCDを持った三上さん、事務所の先輩後輩の関係から、「ゆるゆり」で共演することで一気に親密になったというエピソードや、付き合っているかのようなコメントですっかり「おノロケ」レターになっていました。最後に「可愛い台詞をみんなに…♡」と津田さんにビデオから無茶振りを仕掛けてきた三上さんでした。

2回目のライブ

夜の部は「月夜の森はメビウスの城」「青のリフレイン」の2曲を披露、曲のタイトルとハンドルネームが酷似しているフォロワーが飛び上がって喜んでいるところが見えました。あまりのタイミングに「私信ってこういうことなのか…」と乏しいオタク用語を呟いてしまいました。 「青のリフレイン」は津田美波として2枚目のソロシングルで、大阪でリリースイベントが開催された時に初めて声優へプレゼントを贈った思い出深い曲、この日歌った4曲ともに味わい深いチョイスで、一度はソロライブを開催してほしいと強く思いました。

コンプレックスをパワーに変える声優津田美波

最後の挨拶では津田さん自身のこれまでを振り返るようなトークを聞くことができました。 子どもの頃から男の子に間違えられることが多かったこと、「声優になりたい自分、個性がない自分」に対する葛藤、「トークが面白くない自分」に対する不安、といつもの津田さんの口からは出てこないような心配事や不安、自身のコンプレックスが語られました。 しかし、その後が流石は津田さんです。「個性がないとダメなのかよ!」、「トークが面白くないとダメなのかよ!」と持ち前の負けん気でそういったネガティブな要素を全てパワーに変えてしまって今の自分がいる、という如何にも津田さんらしい言葉が聞けました。津田さんは時折こういった話をするのですが、いつもの自然体な津田さんに加えて声優としてではなく、「素の津田美波」を感じることが出来て余計に津田さんが好きになってしまう瞬間でした。

最後にスプーンを発掘???

イベント後に「スプーンが発掘されました!」というアナウンス、急いで物販コーナーに行ってスプーンをゲットできました。おまけで付いてきたブロマイドはカープ女子姿の津田さんでした。カープ女子について津田さんと会話したリリースイベントを思い出して「最後に僕にも私信が来た!」と感激してしまいました。 大雑把に津田さん初となるバースデーイベントを振り返りましたが、来年も津田さんの誕生日をみんなにお祝いしたいと思わせる楽しい1日でした。 最後になりましたが、津田ちゃん最高かよ… *ブログの内容と写真は撮影可能範囲の関係で必ずしも一致しません。フォロワーの皆さん、お花の写真使用許可、ありがとうございました。


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す