シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コスノススメ COSPATIO 緋弾のアリア AA 東京武偵高校女子制服レビュー

緋弾のアリアの制服がコスプレ衣装に

マルチなメディア展開をされている「緋弾のアリア AA」の劇中で登場する東京武偵高校女子制服の紹介です。 クオリティに定評のあるCOSPATIO製、公式設定で制作されているのでアニメコスプレ、略してアニコスでこれ以上ない衣装に仕上がっています。


スポンサーリンク


セーラー服について少しだけ語る

「緋弾のアリア」を体現するかのような赤い襟(セーラーカラー)、ネクタイのセーラー服です。 一般的にセーラーカラーといえば紺色をはじめとした暗色系が多いのが現状で他に水色、白も見ることが出来ますが、これは緋色といってもいい赤でアニメならではの色使いです。

胸当て、袖には赤のラインが1本入っています。 襟は直線的なシルエットで幅は肩幅まであり、左右のラインが交わる部分がバスト付近にあたり、胸当てが付いていることから「関西襟」と分類されるタイプです、武偵高校は「東京」なのですが。

因みにもっとも襟の大きな「名古屋襟」のセーラー服は「涼宮ハルヒの憂鬱」などで見ることができます。逆に「関東襟」のセーラー服は襟の幅が狭めで襟のサイズが小さめなのでアニメでは殆ど見かけないセーラー服といえます。

制服の各部をレビューする

武偵であることを誇示する「緋色」

背後から見ると白いラインが2本入った赤く大きなセーラーカラーが目立ちます。非常に派手な印象ですが色は白と赤の2色のみなのでそれほど「うるさく」はありません。とはいっても実在すればかなり街中で浮きそうな制服です。

実はこの制服、原作の設定ではひと目で武偵と分かるようにこのような派手な色彩になっているということになっています。場合によっては狙われやすいともいえますが、キャラクターの可愛さを引き立てる制服であることに変わりありません。

アニメならではのルックス

特徴的なサイドのスリットです。リボンは自分で結ぶようになっています。これだけ深めのスリットの入っているセーラー服というのも実在しそうでしないのではないでしょうか。両サイドにリボンがついているセーラー服というのもアニメ感が出ていて良いと思います。

鮮やかな緋色の上下

同じくCOSPATIO製の武偵高女子スカートと合わせてみました。鮮やかな赤に白のラインが入っているスカート、アニメでしか見かけないような、逆にアニメではよく見かける配色、デザインです。アニメでは少女たちがこの制服を着て武装探偵、略して武偵として銃器、刀剣を駆使し凶悪犯罪に対処するというギャップも面白いところです

スリットから見える制服の裏側

スリット部分をめくってみました。いかにもアニメっぽいポイントですが武偵らしく動きやすさを重視した結果なのかも知れません。実際に着用した状態でめくるとスカートのウエスト部分からお腹が見えてしまいそうになります。更にリボンをほどいて着脱のためのファスナーを開いてからめくるとバスト付近まではだけてしまうようになっています。 裏地が付けられているので下着やボディラインが透けにくいようになっています。この辺りの仕上げ、質感にもCOSPATIO製衣装のクオリティの高さを感じます。

防刃ネクタイが守る胸元

胸元部分です。スカーフではなくネクタイになっていて、スカーフどめにあたるループにタイを通すセーラー服ではベーシックなタイプです。

「緋弾のアリア AA」ではこのネクタイは防刃ネクタイという設定で自分でほどいて刀を受け止めるシーンもありました。 胸当てはスナップボタンで留めるようになっていて着るとき、脱がせるときもスムーズです。

最後に…コスノススメ

アニメではそれほど珍しくはありませんが、赤を基調にしたセーラー服、赤いスカートに白いラインが入っているという組み合わせ、かなり着る人を選んでしまう衣装かも知れません。この衣装を着てもらう予定のモデルにはその心配はありませんが… 実際に無さそうな制服でのコスプレは非日常感を楽しめるので少し思い切ったデザインのものをチョイスするのもコスプレの楽しみかたのひとつです。

撮影して楽しむ以外にも、好きな人(モデル)に着てもらうもよし、自分で着てしまうのもよし、です。「撮る、撮られる」「着る、着せる」以外にも多岐にわたる楽しみ方があるコスプレの世界に一度足を踏み入れては如何でしょうか。

*この記事中の衣装は畳まれていたものでたたみジワがあります。


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す