シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そのカメラ楽しさMax?そう、iPhone XS Maxならね…!

iPhone XS Maxのカメラを試したくて色々と撮影してみました。

基本的には「どオート」での撮影でこそカメラの性能を実感できると思っていますが、オートやポートレートモード織り交ぜて撮影してみました。


スポンサーリンク


テスト1 京都大原 彼岸花

京都大原の彼岸花です。はじめはオートでの撮影、適度にボケた緑の背景に鮮やかな「緋色」が映えます。

次にポートレートモード撮って出し、花弁以外が「無理やり」ボカされています。これはかなり不自然な結果になりました。

群れて咲いている彼岸花を撮影、ノーマルです。

ポートレートモード撮って出しです。ボケる境界線が非常にはっきりしてしまっています。

京都大原まで行きましたが、ポートレートモードは草花の撮影には不向きな感想でした。

f値をいじってボケ具合を調整出来るのですが、「花とかを撮影するならもうノーマルのオートでいいや」となってしまいそうです。


スポンサーリンク


テスト2 スバルアウトバック ハンドルまわり

彼岸花の次はスバル アウトバックのハンドルまわりを撮影してみました。上から順にf値4.5、16、1.4です。

被写体や背景の境界線がはっきりして奥行きを感じることが出来ているのでポートレートモードで遊べる印象です。

テスト3 ネコ

ハロウィンも近いので飼っている猫「ぽって」でテストしてみました。度々「ニャンサムウェア」としてケータイやPCを襲う強敵です。

ボケ具合を調整して「ネコポートレート」の完成です。

人物はどうか?ということになってきますが機会を見つけてコスプレイヤーさんを撮影することでポートレートモードの真価を試したいところです。

テスト4 XS Maxのカメラはメシウマかメシマズか

湿ったガラスの向こう側のリラックまんです。手前の商品タグから本体、スチーマー奥の方に向かってナチュラルにボケています。

やはり基本は「どオート」ということでしょうか。

横濱家系ラーメンです。脂多めのギトギト感がよく表現されています。

ほうれん草がもう少し艶っぽく写っていたらより美味しそうに見えたかも知れません。

チャーハンです。油の照りとご飯粒ひとつひとつのパラパラ感がバランスよく表現されています。

基本的には誰が使用してもそれなりに綺麗な「どオート」推奨です。通常のポートレートモードの使いみちである、人物の撮影では使えば使うほど可能性が広がるカメラではないでしょうか。


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す