シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪のど真ん中で聖地巡礼! りゅうおうのおしごと!舞台探訪 第四局「もう一人のあい」編


スポンサーリンク

「りゅうおうのおしごと!」舞台探訪、第三局は新規の舞台が無かったのでスキップ、第四局で登場した新しい場面をメインに追うことにしました。探訪するとき、メインに利用するならJRの新今宮駅と大阪駅、阪急電車の梅田駅が分かりやすいと思います。

新世界

八一と天衣と池田が訪れる新世界、この通天閣は温泉施設、スパワールドの前から眺めることができます。JR新今宮駅から徒歩10分程度の場所です。

天王寺動物園 新世界ゲート前

天王寺動物園の新世界ゲート前から見た風景です。ゲートをくぐる前から奥の方に「濃い」大阪が見え隠れしています。


スポンサーリンク


串カツ・ホルモン専門店 朝日

派手な看板の「串カツ・ホルモン専門店 朝日」です。作中では「夕日」 になっています。

開店前ということもあってか、ビリケンさんや看板が仕舞われていました。

ジャンジャン横丁

ジャンジャン横丁アーケード前です。手前の「晴」が実際には「春」になっていたりします。左手の衣料品店の複雑な模様の看板も見事に再現されています。

やまと屋 2号店

すっぽんを店頭の水槽で見ることが出来ました。串カツだけでなくお寿司や鍋もあるお店です。鍋は一人前からオーケーで選択範囲の広いお店です。

「てんぐ」天狗看板

天狗の看板が目印の「てんぐ」です。串カツとどて焼きが評判の人気店です。牛スジを味噌で煮込んだどて焼きは絶品です。

三桂クラブ

明治から昭和初期に活躍した棋士、阪田(坂田という説もあり)三吉で有名な将棋の聖地と言われる新世界ですが、この「三桂クラブ」が現存する唯一の将棋クラブとなっています。

ガラス張りということもあり、観光客も珍しそうに見ていましたが、勝負をしている雰囲気と庶民的な雰囲気が混じり合った独特の雰囲気でした。

人によっては気軽に入れない雰囲気かもしれません。

実際は初心者でも歓迎してくれるということ、将棋をかじったことがあるのなら入店して地元の方と対局しても楽しいかも知れません。

利用料金も手頃な設定です。

ジャンジャン横丁新今宮方面出入り口

地下道に天王寺動物園の広告が並んでいます。右手に見えるのは交番です。

劇中のカットの右上部分にもある案内の「JR天王寺駅まで5分(但し健脚の方)」というのも大阪らしいです。

JR関西本線下の地下道です。火災報知器、配管の場所を合わせようとしましたが完全には一致しませんでした。

悔しがる天衣です。

梅田 阪急コンコース

舞台は変わって大阪の中心地、梅田の阪急百貨店前のコンコースです。「阪急」ではなく「大急」になっています。天井の大きな照明やクリスマス、バレンタインといったイベント時の華やかな装飾も見ものです。

阪急三番街

ユニクロOSAKA前の交差点の風景です。阪急の高速バスが通るので撮影時はバスの内輪差に注意する必要があります。

HEP FIVE

神座 阪急三番街店というラーメン屋さん前付近からの眺めです。

イースクエア茶屋町前

先ほどのユニクロOSAKAの向かいにあたるビルです。居酒屋やカラオケが密集しているので一日中賑わっています。テナントの店名が少しずつ変わっていています。

日本生命梅田ビル

曽根崎東交差点からすぐなのですが外観に特徴が少なく探すのに少し時間が掛かりました。「梅田、観光、会社」で検索して辿り着きました。「梅田観光」ではなく「名鉄観光」でした。

今回は新規カットをメインに追いましたが、次回以降も大阪市内の各地が出てくるのでしょうか。

大阪のど真ん中で「聖地巡礼」できる「りゅうおうのおしごと!」、交通の便も良い大阪の中心地をメインに巡ることが出来る「聖地巡礼しやすい」作品です。

*画像は比較、および研究の為だけに使用しております。全ての権利は作者、製作者の方々に御座います。


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す