シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ベストバイガジェット2016】 君はどこまでも蒼く美しい… HUAWEI honor 8


スポンサーリンク

GeekDaysさん主催の今年のベストバイガジェットAdventCalendar 2016に参加できることになりました。 それもクリスマスイブの担当です。イブはなにかと忙しいので早めにこの記事を書いています。去年はクルマをガジェットと言い張り物議を醸しました前日の担当がいつもお世話になっているくろぽんさんなので若干のプレッシャーを感じながらも今年は極ノーマルなチョイス、スマートフォンでいってみようと思います。

それはHUAWEI honor 8


きっかけは楽天格安スマホアンバサダーの企画に当選、honor6 Plusに出会ったことでした。格安というワードからそれほど期待していませんでしたがサブとして使うには十分な機能、そしてシンプルでありながら高額な他のスマホと比べても見劣りしないデザイン、とお気に入りの端末になってしまいました。その6 Plusに対して「2.5Dガラスを使ったら今でも通用するんじゃないか」と思っていたところにhonor 8の登場、初めは海外版しかなく、国内販売は当分ないのではないかと思われていましたが程なく楽天モバイルより発売、セール価格もあって即購入してしまいました。

膨張からの爆発?honor 8、お前もか…?

梱包がかなり残念でしたが…モノを作り、届ける側の矜持を見せて欲しかったところです。しかしそんな思いも実機を見るうちに霧散してしまいました。ここからはスペックとか使用感なんて置き去りにしてサファイアブルーのhonor 8をひたすら愛でていこうと思います。

そのブルー、どこまでもブルー HUAWEI honor 8 のサファイアブルーを試す

ごく一部で「オタクブルー」と呼ばれていますが実物を見て光を反射させるとオタク、ギーク層だけでなく誰が見ても「綺麗」と感じるほどの美しさです。

honor 8ギャラリー

それではブログ未掲載のhonor 8の写真を織り交ぜつつ、サファイアブルーの美しさに迫ります。

これは淀川の河川敷の草原で撮影しましたが緑にしっかりと映えるhonor 8、見事です。

そしていちばん綺麗さをアピールできるのは背面です。セクシーな背中、といったところでしょうか。

そしてこの写真で分かるように見る角度によって変化する光の紋様が非常に美しいです。ここまで美しい端末はイエローのNOKIA Lumia 920やライムのXPERIA Z1f以来ではないかと思うほどです。

クローバーのなかのhonor 8です。ドールを外に連れ出して撮影している方を見たことがありますがその気持ちが少しだけ分かった気がしました。

紅葉のなかのhonor 8

Re:紅の葉の庭 瑠璃光院で桃色の紅葉を娯しむ

ここでは秋の京都で瑠璃光院で紅葉を見たときにhonor 8を撮影したときにブログに掲載していなかった写真を初公開します。

苔の緑、紅葉の緋、そしてhonor 8の蒼が見事です。秋の京都で紅葉を愛でる人の群れのなか、ひとりhonor 8を撮影していた美少女を見たことがあるならそれは多分私です。

凛とした存在感を誇示するhonor 8、それでいて秋の京都に溶け込んでいます。美しい…

一面の枯葉に埋もれるhonor 8です。ここでも地面に向かってカメラを向けていました。陽の当たり具合で晩秋の雰囲気を感じることが出来ます。

紅い葉に囲まれるhonor 8です。紅、朱、緋…と青、蒼、碧…のエクスタシーを感じます。秋の京都には一つとして同じ赤、青はありませんでした。(勿論他の色も同様です)

そして‪HUAWEI‬のイベントでも…

【現地レポート】HUAWEI Touch and Try Tour 2016 in 大阪

ガジェットショットでレポートした梅田での‪HUAWEI‬のタッチアンドトライイベントでもhonor 8を撮影しました。イベントの主役は完全にMateBookP9でしたが。

梅田地下街、ウメダンジョンの入り口付近での撮影です。複雑な光の紋様が見る者の心を奪います。ここでもしっかりと存在感をアピールするhonor 8です。

見るだけで満たされるhonor 8という端末に出会えた2016年、来年はどんな出会いが待っているでしょうか。次は遂にラスト、この企画の主催者、あがーさん🔥の出番です。それでは皆さん、よいクリスマス、年末年始を‼︎


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す