シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イベントレビュー 蒼樹うめ展 in 大阪

蒼樹うめ展、大阪へ

image 東京で開催され連日の盛況で話題となった「蒼樹うめ展」が大阪でも開催されました。大阪の海遊館となりの大阪文化館での開催、僕が行ったのは平日ということもあってかそれほど混んでいませんでした。

充実の展示

image 展示内容は蒼樹うめ先生の直筆コメントが随所に見られて手作り感溢れる内容でした。パネルに直にコメントが書かれていたりして等身大の蒼樹先生の息吹を感じることが出来ます。

image メインビジュアルは「ひだまりスケッチ」と「魔法少女 まどか☆マギカ」のゆのまどかが描かれていますが「ひだまりとまどマギの世界観が違いすぎるのでふたりのあいだにスケッチブックを挟んでみた」というコメントが展示で見ることが出来ました。

撮影可能区域

image ここではひだまり荘を再現していますが撮影可能になっていました。こういった演出も嬉しいですね。image 細かい箇所で生活感を感じさせる演出が散りばめられていました。蒼樹先生へのメッセージを書くコーナーがあったので僕も絵心ゼロながら書いてみました。image ゆののバッテンの部分に貼ってみました。image ポツンと離れた場所なので少し目立つかな…と思いましたがこのメッセージが蒼樹先生の眼に触れると嬉しいのであえてこの場所にしてみました。

絵描き歌コーナー

image 撮影可能区域のすぐあとには蒼樹先生の仕事をライブ感覚で見ることが出来るコーナーがあり来場者が集中して見入っていました。そのすぐそばには絵描き歌コーナーがあり、絵描き歌に合わせて実際にゆのを描くことが出来るようになっていました。展示を見ている時に何処からかのんびりとした歌が聞こえていましたが、絵描き歌だったんですね。ここでも壮絶な僕の絵心にガックリでした。

買ってしまう物販

image   image

image   image

そして最後には物販コーナーです。午前中なのに売り切れている物がありました。ペンケースとか良いな、と思っていましたが売り切れでした。しかしマルチケース、ラバーストラップ、タオルを買ってしまいました。宮ちゃんのハンドタオル、取り扱い標示タグに小技が効いていて楽しいです。ドライクリーニングではなくてドライカレー、天才肌の宮ちゃんらしいですね。

image うめ先生直筆?のビーフンレシピも配布されていたりしてそこかしこにクスッとくる演出がいっぱいの蒼樹うめ展、これで当日券が1000円というのはかなり得した気分になりました。それほど濃密な蒼樹うめの世界がそこにありました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す