シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イベントレビュー 蒼の彼方のフォーリズム展 in大阪

蒼の彼方のフォーリズム展、略してあおかな展

大阪日本橋のオタロード沿いにあるジーストア大阪 ANNEXで開催されている「蒼の彼方のフォーリズム展」に行って来ました。期間は2月20日から明日3月13日までになっています。「期間が長いからそのうち行けるだろう」と思っているうちに最終日が近づいてきたので少し慌ててジーストア大阪 ANNEXに行きました。

image 店内はゲーム内のイベントCGとその原画や背景画が壁一面に並んでいました。ファンなら結構見入ってしまうような内容でした。撮影もOKで展示されていたとしても原画とかは撮影NGな印象があったのでこれは嬉しいポイントでした。

image 入ってすぐにCOSPATIO製の久奈浜学院女子制服が展示されていました。COSPATIO製品ということで公式設定に忠実に作られていてクオリティが高く価格は税込みで52920円という逸品です。高価ですが現在再入荷待ち状態ということで結構売れているようですね。

グラシュと邪神ちゃん

image 「あおかな」に欠かせないアンチグラビトンシューズ、略して「グラシュ」も実寸大のものが展示されていました。流石に本当に飛行は出来ないでしょうが結構作りこまれていました。奥には実物大の邪神ちゃんぬいぐるみが見えます。邪神ちゃんぬいぐるみも人気のようで4月下旬の再入荷待ち状態でした。

image こちらはスタッフの皆さんの直筆サイン入り色紙やアニメ版のアフレコ台本も展示されていました。出演声優の福圓美里さん、浅倉杏実さんらのサインの他にもテーマ曲を歌われている川田まみさんやKOTOKOさんのサインも見ることができました。

背景画にも注目してみる

image こちらでは「あおかな」の風景画も展示されていました。ヒロインたちが通う久奈浜学院や久奈島の様子をみることが出来ました。グラシュで空を飛ぶことが日常になっている様子も違和感なく見えるのは空と海が綺麗な久奈島の風景のお陰でしょうか。良い意味で田舎っぽい、というか本当にのどかな風景です。

実際のゲーム画面と原画を観れて撮影もオーケー

image ゲームのイベントシーンの画面とその原画たちですが、彩色される前後を見るのも興味深かったです。この展示、大阪の次は福岡で3月26日から「ミニギャラリー」として開催されます。元々はPCゲームでその後アニメ化、そしてPS VITA版発売からのスマホゲームアプリ化…と今後もメディア展開が楽しみな「あおかな」です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す