シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!! 静岡公演レポート


スポンサーリンク

アイドルマスターシンデレラガールズ 5thライブツアー セレンディピティ・パレードの静岡公演、6月24日と25日の両日に参加してきました。「奇跡の大行進」と銘打って全国を巡るこのツアー、宮城、石川、大阪、に続く、ちょうど折り返しになる公演となります。

会場は静岡エコパアリーナで、向かいにはエコパスタジアムがあって初日は陸上の競技会、2日目はサッカーJリーグの試合が行われていました。

物販は初日のCD販売列に9時から並びましたが、CDを買えたのは12時を回っていました。物販に並ぶのは初めてだったのでかなり長く感じました。

入場列は本人確認の手際もあったのでしょうか、初日は開演時間の17時になっても入場出来ず、17時10分頃に本人確認無しとなりなし崩し的に入場、会場は既に照明が落とされており、席につくとすぐに開演となりました。2日目は初日とはうって変わってスムーズに列を捌いてそれほど時間をかけずに入場できました。


スポンサーリンク


セットリスト(両日共通)

  • Yes! Party Time!!:全員
  • Romantic Now:黒沢ともよ、春瀬なつみ
  • き・ま・ぐ・れ☆Cafe au lait!:高野麻美
  • ニャンと☆スペクタクル:高森奈津美
  • 空と風と恋のワルツ:津田美波
  • Heat Voice:藍原ことみ、高野麻美、長島光那、牧野由依
  • 追い風Running:中島由貴
  • 秘密のトワレ:藍原ことみ
  • 心もよう:嘉山未紗、村中知、中島由貴
  • shabon song:黒沢ともよ、津田美波、長島光那
  • Jet to the Future:青木瑠璃子、安野希世乃
  • エチュードは1曲だけ:青木志貴、青木瑠璃子、嘉山未紗、長島光那、村中知
  • パステルピンクな恋:藍原ことみ、高野麻美、高森奈津美、津田美波、牧野由依、中島由貴
  • 絶対特権主張しますっ!:安野希世乃、黒沢ともよ、原優子、春瀬なつみ
  • Star!!:全員
  • Love∞Destiny:青木瑠璃子、津田美波、牧野由依、青木志貴、中島由貴
  • 共鳴世界の存在論:青木志貴
  • Sparking Girl:青木瑠璃子
  • Rockin’ Emotion:安野希世乃、原優子
  • ハイファイ☆デイズ:黒沢ともよ、春瀬なつみ、高森奈津美
  • 純情Midnight伝説:安野希世乃、原優子、村中知、青木志貴、嘉山未紗
  • 夕映えプレゼント:全員

(アンコール)

  • M@GIC☆:全員
  • お願い!シンデレラ:全員

チャーミング、そしてセクシー、津田美波さん

小日向美穂役の津田美波さん、メンバーのなかでもお姉さん的な存在ですが、ダンス、歌、と安定感があってメンバーにとっても頼もしい存在ではないでしょうか。

オープニングのYes! Party Time!!では客席から向かって左側に位置した津田さんでしたが、離れた場所からも分かる動き、ダンスでした。津田さんのダンスの特徴としては動きが大きく、モーションが柔らかいのでステージで映える、ということが挙げられます。ダイナミックでいて、スムーズなダンス、そしてクッションの効いたステップで日頃からレッスンを積み重ねていることが伺えます。

そして今回のライブ2日目でメンバーに暴露されていましたが、他のメンバーのパフォーマンスを見て涙ぐんでいた、というところも情に厚く涙もろい津田さんらしいエピソードでした。ステージ裏だけでなく、ステージ上でも度々泣いてしまっていた津田さん、殆ど泣いていたようなかたちですが、他のメンバーへの思いが伝わってきました。

津田さんは小日向美穂役として「空と風と恋のワルツ」や「shabon song」といった恋する乙女をイメージさせる曲が多いのですが、「Love∞Destiny」では小日向美穂というキャラクターを飛び越えたセクシーな視線、ダンスで釘付けにされてしまいます。今回も津田さんの多様な表情に魅了されてしまいました。

飾らない自然体なところに加えて、ツアー先の方言を歌に組み込んだり、静岡名物の「さわやか」のハンバーグに興味津々だったり、殆ど泣きっぱなしだった2日目のラストで「辛かったり、悲しかったり、泣きたくなった時は私たちを見て前を向いてもらえたら…」と言ったりして様々な「津田美波」を見せてくれた津田さん、更に好きになりました。

ここからはじまるシンデレラストーリー、中島由貴さん

乙倉悠貴役の中島由貴さんですが、今回がアイドルマスター シンデレラガールズのライブデビューでしたが、「追い風Running」で一気に会場の耳目を一身に集めることになりました。屈託のない笑顔、伸びのある歌声、スラッとしたスタイルにキレのあるダンス…と「なんだ、この娘は…凄い子が出てきた」「この子はこれから伸びるんじゃないか」と今回の静岡公演でいちばんの衝撃といっても過言ではありませんでした。

初のキャラソンということを感じさせない堂々としたアイマスデビューでした。実は中島さんは「アース・スター ドリーム」のメンバーとして経験を積んでおり、これまでの積み重ねに裏付けられた今回のパフォーマンスであるということが分かりました。

その後の「心もよう」は、ステージに腰掛けて歌う、ごまかしの効かないしっとりとしたバラードでしたが、「凄い声量で堂々と」歌い上げていたのが尚更存在感をアピールしていました。

「Love∞Destiny」では一転して妖艶な雰囲気の曲ですが、すっかり「ラブデス」でお馴染みといってもいい、妖艶な女豹のようなダンス、鬼気溢れる視線で佐久間まゆそのものな牧野由依さん、小日向美穂とは違った大人のセクシーさをみせる津田美波さん、二宮飛鳥として存在感抜群だった青木志貴さん、そして今回の座長的な青木瑠璃子さんといった先輩に混じってキレッキレのダンスを披露、スレンダーな身体から繰り出す魅惑的な腰付きで先輩たちに負けない存在感を放っていました。

今回の中島さんはまさにシンデレラガールという言葉がぴったりな衝撃的なアイマスデビューだったのではないでしょうか。これからどこまで伸びていくのか、大いに注目です。

頑張れジョン!嘉山未紗さん

他にも中島さんと同じくアイマスライブデビューした、脇山珠美役の嘉山未紗さんですが、メンバーに高校の時のあだ名「ジョン」で呼ばれていたり、トークでのいじられ方に他メンバーの嘉山さんへの思いやりが感じられました。

「心もよう」ではアイマスライブ同日デビューの中島さんに負けない歌声を披露した嘉山さん、中島さんと同じく今後の活躍に期待です。

奇跡の行進は続く

他にも司会で悪戦苦闘しながらも、しっかりポイントは押さえて笑いを誘ったり、しっかり場をまとめていた村中知さん、ヤンチャなキャラクターで会場を盛り上げていた原優子さん、フレデリカとしてのソロ曲への思いが溢れて感極まった高野麻美さん、先輩として、今後アイドルマスターの世界に飛び込んでくるであろう後進への思いを語った安野希世乃さん、座長としてメンバーを牽引した青木瑠璃子さん、他にも書ききれないほどの出来事がいっぱいで、出演した15人全員が眩しく見えたセレンディピティパレードでした。


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す